ケアナノパックの全成分&効果・効能や特徴について!

ケアナノパックの全成分&効果・効能や特徴について!

 

【ケアナノパックの全成分】


水、シクロペンタシロキサン、トリエチルヘキサノイン、BG、グリセリン、野菜油、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ステアリン酸グリセリン、ベヘニルアルコール、パチルアルコール、ステアリン酸、プラセンタエキス、水溶性プロテオグリカン、アーチチョーク葉エキス、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、水溶性コラーゲン、セレブロシド、コメ発酵液、コメヌカスフィンゴ糖脂質、ヒトオリゴペプチド−1 、ヒトオリゴペプチド−13、アセチルヘキサペプチド−8、イワベンケイ根エキス、、リン酸アスコルビルMg、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、パルミチン酸レチノール、トコフェロール、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、コメヌカ油、コーン油、スクワラン、グリチルリチン酸2K、カワラヨモギ花エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、ドクダミエキス、ホップ花エキス、シャクヤク根エキス、キハダ樹皮エキス、ベルガモット果実油、加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオール 、オクチルドデカノール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、レシチン、、オレイン酸ポリグリセリル−10、ポリソルベート60、、ポリソルベート80、セスキオレイン酸ソルビタン、イソステアリン酸ソルビタン、PEG-50水添ヒマシ油、ナットウガム、(VP/ボリカルバミルボリグリコール)エステル、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、アクリレーツコポリマー、クエン酸、水酸化K、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール

 

すごい種類の配合バランスですよね…(^^;)

 

ほとんどの化粧品に使われる定番の保湿効果が高い成分

 

・BG(ブチレングリコール)
・プラセンタエキス
・ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na
・水溶性コラーゲン

 

などはたぶんわかる方は多いんじゃないでしょうか。

 

ほかには植物を使ったエキスや果実油の成分もけっこう多いです。

 

ただ、アルコール(ベヘニルアルコール、パチルアルコール、フェノキシエタノール)もいくつか配合されているので、アルコール過敏症(アレルギー)の方は注意したほうが良いかもしれません。

 

ケアナノパックの期待できる効果・効能は?

これだけの成分が配合されているのに対して、ケアナノパックを使うことでこんな効果が期待できます!

 

■徹底したうるおい効果
■毛穴をキュッとしてくれる
■肌のキメを整えてくれる
■オールインワンゲルのように肌のコンディションを整える
■ターン―オーバー(新陳代謝)を乱れさせない

 

もしも肌のターンオーバーが正常に働いていれば、肌バリア機能もきちんと働いていろんな肌トラブルを防いでくれますし、ぷりんっとした肌を維持できます!

 

また、ケアナノパックはオールインワンゲルのような使い勝手の良さがあるので、化粧水・美容液・乳液(クリーム)を使わずともこれ1本で対策できるかもしれませんね(^^*)

 

ケアナノパックはアレルギーリスクを心配するべき!?

ちなみに、ケアナノパックはパッチテスト済み(販売する事前にテスターの方に使ってもらう)製品なので安全性は高いと思いますが、成分の中には植物性のエキス”果実系の油”食物系の油”などとても多くの成分が配合されてます。

 

ケアナノパック自体が持つ副作用は心配する必要はないものの、アレルギーの心配をしたほうが良いかもしれません…

 

人によってアレルギーを引き起こす成分は違うので、もしかしたらあなたにとってケアナノパックに含まれる成分にアレルギーを引き起こす可能性もあります!

 

不安な方は、ケアナノパックを最初に使うときはパッチテストをして、大丈夫そうなら2回目からふつうに使うようにすることをオススメしますよ!

 

※パッチテスト…二の腕の内側など目立たない場所に10円玉サイズに薄く塗ったあと、24時間ほど様子を見る方法

 

これで合わなければ返金保証を使う、合えばそのまま続けるっていう流れで良いかと思います!