ケアナノパックのメリット・デメリット!

ケアナノパックのメリット・デメリット!

 

ケアナノパックは、『スリーピングパック』っていう特性上、良い面もあれば悪い面もあります。

 

ここでは、わたしが体験してみて感じたことをもとにケアナノパックのメリットとデメリットに分けて簡単に書いていきます!

 

良ければ、あなたにほんとうにケアナノパックが必要なのか、その判断材料にしていただければと思います。

 

ケアナノパックのメリット

・スリーピングパックというジャンルだからこそのしっとりうるおい感
肌が作られる睡眠時間に合わせて長時間肌になじませていくから、翌日のしっとり保湿感はなかなかのものです。
化粧水を使うとなおさらですね。

 

・肌の引き締めのおかげかキメが整ってハリ&光沢感がある
たるみがちな肌がすこし整ってきたのか、以前とハリの違いを実感できるほどです。
使って数日じゃハッキリしませんが、1本使い終わるころには以前との違いを感じられると思います。

 

・以前とくらべて肌が荒れにくくなった
以前とくらべて吹き出物(ニキビ)ができにくくなったのと、乾燥に悩むことが減りました(^^*)

 

・肌がザラザラせずなめらかになった感じがする
指で顔をなぞってみると以前よりも肌がサラサラというか、指のすべりが良くなったと感じました。
ツルツルになってきたってことでしょうか?

ケアナノパックのデメリット

・塗ってあまり乾かないうちに寝ると枕や布団にジェルがくっつくことがある
ケアナノパックの1回分は思ったよりも多く、塗ったあとはしばらくジェル感が残ります。
すぐに寝てしまうと、寝返りなどでジェルが枕などにくっつく可能性があるので、ある程度乾いてから寝ることをオススメします。

 

・起きてから洗顔する必要があるので、寝坊すると大変
ケアナノパックは夜に塗ってから寝て、朝に洗い流す必要があります。
もしも仕事やプライベートで出かけるとき寝坊すると洗い流せず困ったことになるかもしれません(汗)

 

・1本の値段はやっぱり高め
人によって価値観は違うと思うんですが、わたしには1本約5,000円ほどするケアナノパックは高い買い物だと思いました。
実感できるからいいんですが、もうすこし値下げしてほしいところです…

 

ケアナノパックは寝ている間のケアなので、どうしても特徴的なデメリットはあると思います。

 

とくに、朝寝坊しやすい(朝に洗顔する習慣がまったくない)方はご注意ください(^^;)